ニューハンプシャー州で2歳児がコヨーテに襲われるも父親が素手で退治

秘密の英語勉強会

Animal coyote

ニューハンプシャー州で2歳児がコヨーテに襲われたものの、近くにいた父親が素手でコヨーテを退治したということです。

児童がコヨーテに教われる

ハンプトン・フォールズの警察は午前8時40分頃、ハンプトン・フォールズとケンジントンの境界付近でコヨーテが車両を襲っていると通報を受けました。

約20分後、ケンジントン警察に62歳の女性から通報があり、ヘムロックロードで自宅のドアを開けた女性と飼い犬がコヨーテに襲われたと報告を受けました。

警察の説明によると、犬が家の中に逃げ込むと、コヨーテは犬を追って家の中に入ろうとしたようです。女性はコヨーテを追い出そうとした際に噛まれましたが、病院で治療を受け、飼い犬とともに狂犬病予防注射を受けました。

さらにこのコヨーテは午前11時頃、エクセターで小道を歩いていた家族を襲いました。児童を連れていたイアン・オライリー氏は、即座に保護モードになったと話しました。

イアン氏はマンチェスターのABC系列局WMURに対し、コヨーテが2歳の息子のジャケットを掴んだので、息子を助けに行ったと話しました。イアン氏は腕と胸を噛まれたものの、コヨーテの頭部を雪に突っ込み窒息させたようです。

動物愛護協会によると、コヨーテが多数生息する地域であっても、郊外で人とコヨーテが遭遇することは滅多にないようです。コヨーテは夜行性のため日中にはめったに見られず、通常は人間を恐れて離れて暮らしています。

via: New Hampshire father strangles coyote that attacked his child

Source: 猫でもわかる 秘密の英語勉強会

コメント

タイトルとURLをコピーしました