「つきあって半年記念」ってなんていう?色々な記念日を表現しよう!

英会話

「1周年記念日」「結婚記念日」など、日本と同様海外でも「記念日」を祝う風習はあります。カップルが「つきあって1周年記念おめでとう」とメッセージを送る際や、「結婚10周年おめでとう」と伝える際、英語ではどう表現すればいいのでしょうか。今回はそんな「記念日」にまつわる表現やフレーズをご紹介します。ぜひ周りにいる方に使ってみてくださいね。

「記念日」にまつわる基本英語表現

そもそも英語で「記念日」はなんと表現するのでしょう。また「記念日」に付随してよく使われる「〜周年記念日」や「〜ヶ月記念日」など、知っておきたい基本表現をご紹介します。

記念日:anniversary

It is our anniversary today.
(今日は私たちの記念日です。)

「記念日」という英語表現で最もよく使われるのが「anniversary」です。日本でもよく耳にする言葉ですよね。「anni」は「annual(毎年の)」などにも使われるように「毎年の」という意味があります。つまり「anniversary」は「年に一度巡ってくる日」というのが根本の意味になります。しかし、年に1度だけではなく、「〜ヶ月記念日」などにも使われますよ。

記念日:memorial day

Today is a memorial day called World Food Day.
(今日は世界食糧デーという記念日です)

同じ記念日と訳す英語で「memorial day」というものがあります。anniversaryが「1周年」など「1年経過したことをお祝いする」ための表現であるのに対し、「memorial day」は「ある特定の1日を記念する」という意味で使われます。

例えば建国の日をお祝いする「建国記念日(Constitution Memorial Day)」などがその例です。また、アメリカでは「Memorial Day」とだけ表現すると「戦没将兵追悼記念日」の意味になり、5月の最終月曜日の祝日を指します。この日は戦没者を追悼すると同時に離れた家族が集まって祝日を皆で迎えます。

1周年記念日:1st anniversary、one year anniversary

Let’s celebrate our first wedding anniversary!
(結婚1周年記念日を祝おう!)

This year is my parents’ 30 year anniversary.
(今年は両親の結婚30周年です)

「〜周年記念」は「1st anniversary」「2nd anniversary」「3rd anniversary」…と表現します。また「one year anniversary」「two year anniversary」「three year anniversary」とも表現できます。また1つ目の例文で「wedding anniversary」は「結婚記念日」の意味ですよ。2つ目の例文で「両親の30周年」というと結婚記念日ということが想像できる場合にはweddingをわざわざ表現しないこともあります。

1ヶ月記念日:one month anniversary

Yesterday was the six month anniversary of our first date.
(昨日は最初のデートから6ヶ月の記念日でした。)

Happy 6th monthsary!
(6ヶ月記念日おめでとう!)

「1ヶ月記念」は「one month anniversary」「two months anniversary」「three months anniversary」と表現します。また、「month anniversary」というと長いため、「monthsary」という造語も存在します。カジュアルな表現ですので一般的には「month anniversary」を使いましょう。

なお、「first dating」は「最初のデート」の意味。カップルが「付き合って6ヶ月」と言いたい時には「six month anniversary of our relationship」と表現できますよ。また6ヶ月は「half year(半年)」と表現することも可能です。

1周忌:the first anniversary of one’s death

I held the first anniversary of my father’s death yesterday.
(昨日父の1周忌を行いました。)

「記念日」「anniversary」というと晴れやかなイメージがありますが、「一周忌」などお祝い事以外の記念日にも用いられます。例えば「3回忌」なら「the third anniversary of my father’s death」となります。また「the anniversary of one’s death」で「命日」という意味もありますよ。

記念日の英語一覧

結婚記念日でも何周年かによって表現が細かく分かれています。また結婚記念日以外にも様々な記念日にまつわる英語表現が存在します。そんな記念日の英語表現を下記にまとめましたので参考にしてみてくださいね。

いろいろな結婚記念日

・結婚記念日: wedding anniversary
・紙婚式:paper wedding anniversary(1st wedding anniversary)
・木婚式:wooden wedding anniversary(5th wedding anniversary)
・銀婚式: silver wedding anniversary (25th wedding anniversary)
・金婚式: golden wedding anniversary (50th wedding anniversary)

解説:まずは結婚記念日関連の英語表現をご紹介しました。同じ結婚記念日でも色々な種類がありますね。白紙の状態から将来の夢を願うという意味が込められた「paper wedding」や、「夫婦がやっとひとつの木のように一体になる」という意味の「wooden wedding」など、あまり知られていない記念日も多いかもしれませんね。こういった記念日には、紙や木にまつわるプレゼントを相手に送るという習慣もありますよ。

その他の記念日

・創立記念日:anniversary of the founding
・生誕〜周年:〜th anniversary of the birth
・100年祭: centennial anniversary
・〜周忌: the anniversary of one’s death

解説:お店やブランドなどに関して「誕生25周年」などと表現したい場合には「25th anniversary of the birth」と表現することができます。また例えば「スキー発祥70周年」などと表現する際にも「70th anniversary of the birth of skiing」と表現できますよ。創立記念日は「anniversary of foundation」とも表現します。「the anniversary of one’s death(周忌)」はこの形以外にも「my granma’s 21st death anniversary(祖父の21周忌)」と表現したり、単に「Robin’s anniversary(ロビンの命日)」と表現することもあります。

記念日をお祝いするフレーズやメッセージ集

欧米では記念日にはお祝いの言葉をかけあったり、メッセージカードを送る習慣があります。次にそんな役立つメッセージやフレーズ集をご紹介しましょう。

Happy anniversary!

Happy 10th wedding anniversary, darling!
(ダーリン、結婚10周年記念日おめでとう!)

やはり最も使われるのが「Happy anniversary!」です。付き合って1周年、結婚記念日、開業記念日など、色々な記念日に「記念日おめでとう!」という意味で使われます。例文のように「結婚10周年」を付け加えたい場合には、「Happy」と「anniversary」の間に「10th wedding」を挟んで表現します。「darling(愛しい人)」は男女両方に使える表現で、自分の結婚相手に使うこともできます。またこのdarlingを省けば、親や友達の結婚記念日にかける言葉としても使うことができますよ。

Congratulations!

Congratulations on your company anniversary! I wish you all the best of success.
(会社設立記念日おめでとうございます。今後ますますの成功をお祈りしています。)

「Congratulations!」も「おめでとう!」という意味です。常に複数形になりますので注意してくださいね。「〜おめでとう」と言いたい場合には「Congratulations」のうしろに「on」をつけます。

例文は取引先などの設立記念日に役立つ表現です。「company anniversary」は「会社の設立記念日」の意味。「I wish you all the best of success」は「相手の成功を祝う言葉」としてこのままの形で覚えておきましょう。

Wishing you

Wishing you both a wonderful 2nd anniversary.
(素晴らしい2周年になりますよう祈っています)

自分以外の記念日を祝うメッセージとして使える表現です。「wish」は「祈る」という意味。もし自分たちの記念日を祈りたい場合には、「Wishing us」という表現が使えますよ。ちなみに「you both」は「あなたたち二人」の意味です。

May you

May you always stay happy together!
(あなたたちがいつも一緒に楽しくいられますように)

「Happy anniversary!(記念日おめでとう!)」と伝えた後に、さらに一言付け加えたい場合に「May you(あなたが〜でありますように)」で始まる表現が便利です。「May you」のあとに動詞の原型をくっつけて、「May you be happy(あなたが幸せでありますように)」や「May you have many more happiness and joy!(あなたがたがもっと幸せと喜びに囲まれますように)」など、素敵な将来を祈る表現としてつかえます。ちなみに「stay 形容詞」は「〜でい続ける」という意味です。

まとめ

日本だけではなく英語圏でも記念日は重要。記念日を大きくお祝いする文化があります。周囲がお祭り騒ぎになっているときには、ぜひ「Happy anniversary!」という言葉で一緒にお祝いしましょう。またanniversaryは必ずしも良いお祝いだけではなく、「命日」などの意味もあることを覚えておいてくださいね。

Source: English Lab(イングリッシュラボ) ┃ レアジョブ英会話が発信する英語メディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました