英語で感謝を伝えよう!母の日に使える英語フレーズまとめ

英会話

皆さんは、日ごろの感謝をお母さんに伝えていますか。伝えている人もそうでない人も、母の日ぐらいはお母さんにメッセージを送ってみませんか?いつも当たり前のように側にいてくれるお母さんですが、あらためてメッセージを送ったら喜んでくれると思いますよ。日本語でメッセージを送るのが照れくさい人は、英語でメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。この記事では、母の日に使える英語フレーズをまとめてご紹介いたします。ご自身で使えそうなフレーズをピックアップして、今年は英語で感謝を伝えましょう!

母の日の基礎知識!他国の母の日と比較!

母の日に使えるメッセージをご紹介する前に、母の日に関する基礎知識を復習しておきましょう。他国の母の日についてもあわせて解説しますね。

母の日の起源

母の日は日本で始まったと考えている人も多いかと思いますが、実は母の日の発祥地はアメリカです。1907年5月、アメリカ・ウェストヴァージニア州に住んでいたアンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、教会で白いカーネーションを配りました。それを受けて、ウェストヴァージニア州の知事が1910年に、「5月の第2日曜日を母の日にする」と宣言し、その習慣が全米に広まりました。これが母の日の起源です。日本で母の日が一般的になったのは、1915年(大正4年)ごろと言われています。

母の日はいつ?

母の日をうっかり忘れてしまわないように、母の日の日付を確認しておきましょう!日本の母の日は毎年「5月の第2日曜日」です。他の国はどうでしょうか。アメリカ、カナダ、イタリア、オーストラリア、トルコ、デンマーク、ドイツ、フィンランド、ベルギー、中国などの国は日本と同じく、5月の第2日曜日に母の日を祝います。イギリスとアイルランドでは、イースターの2週間前の日曜日が母の日となります。エジプトやヨルダンなど中東諸国は3月21日の春分の日に母の日を祝います。

母の日の定番メッセージを英語で書こう

ここからは、母の日に使える英語フレーズをご紹介していきますね。まずは、定番メッセージから見ていきましょう!

Happy Mother’s Day!
(母の日おめでとう!)

こちらが最も一般的なメッセージです。Happy~で「~おめでとう」という意味になります。Happy birthday!だったら、「誕生日おめでとう!」となりますね。

Happy Mother’s Day to the best mom.
(最高のお母さんへ。母の日おめでとう!)

学校では「お母さん=mother」と習いますが、motherというのは少しかしこまった表現になります。フォーマルな場面では使われますが日常生活ではあまり聞きません。普段の生活でお母さんと呼びかけるときは、MummyやMonと言います。Mummyは子供っぽい響きがあるので大人はあまり使いませんが、Monは大人でも普通に使います。ちなみに、Monはアメリカ英語で、イギリス英語だとMumとなります。

Have a great Mother’s Day!
(よい母の日を過ごしてね!)

こちらも定番のフレーズですね。Have a great~で「よい~を過ごしてね!」という意味になります。日常生活でもHave a great evening!(素敵な夜をお過ごしください!)、Have a great weekend!(よい週末をお過ごしください!)など、毎日のように使うフレーズです。

I’m so proud of you.
(私はあなたを誇りに思います。)

英語らしい表現ですね。ネイティブスピーカーはこのフレーズをよく使います。友達や家族など身近な人が、テストで良い点数を取ったり、スポーツで賞を獲得したりしたときに、I’m so proud of you.と声を掛けます。意味としては、「誇りに思うよ」「すごいね」「よかったね」といった感じです。

I love you!
(愛してるよ!)

こちらのフレーズは締めの一言に使えますね。私たち日本人にとっては少し照れくさいフレーズですが、母の日ぐらいはこういった愛のある言葉をかけてみてはいかがでしょうか!

お母さんに感謝の気持ちを英語で伝えよう

次に、お母さんに感謝の気持ちを伝えるときに使える英語フレーズをご紹介していきます!

Thank you for bringing me into this world.
(私のことを生んでくれてありがとう。)

自分のことを産んでくれたことに感謝をするフレーズです。お母さんがお腹を痛めて産んでくれたことに感謝することは大切ですよね。Thank you for~ingは「~してくれてありがとう」という意味になります。forのあとは、動詞のing系が続くことに注意しましょう。

Thank you for raising me.
(育ててくれてありがとう。)

ここまで育ててくれたことにも感謝しましょう。そんなときはこのフレーズです。raiseは他動詞で、「育てる」「上げる」という意味です。自動詞のrise(上がる)と似ているので、混同しないようにしましょう。raiseと似た意味のtake care of(世話をする)を使って、Thank you for taking care of us.(私たちの世話をしてくれてありがとう。)と言うこともできますよ。

I’m so grateful for everything you do for our family.
(あなたが家族のためにしてくれたことに感謝しています。)

be grateful for~は「~に感謝している」という少しフォーマルな表現です。これと似た表現でappreciate~(~に感謝している)というものもあります。

I really appreciate all that you do for me.
(あなたが私のためにしてくれたことに感謝しています。)

こちらもあわせて覚えておきましょう。

お母さんの健康を気づかうメッセージ

幸せに暮らしていくためには、健康が大切です。お母さんの健康を気づかうメッセージを英語で送りましょう。

Please take care of your health.
(健康に気を付けてね。)

ここでのtake care ofは「大事にする」「気を付ける」といった意味になります。日常生活でも別れ際に、See you!(じゃあね!)の代わりに、Take care!(気を付けてね)と言ったりすることもあります。

Don’t push yourself too hard.
(頑張りすぎないでね!)

頑張り屋のお母さんにはこのフレーズを送りましょう。Don‘t+動詞の原形で「~しないでください」という意味になります。また、push oneself too hardは「無理をし過ぎる」「頑張りすぎる」という意味の熟語です。

遠くに住むお母さんへ送るメッセージ

なかなか帰省できていない人も多いかと思います。そんなときことお母さんにメッセージを送ってあげましょう。

Happy Mother’s Day! I hope I can see you soon.
(母の日おめでとう!お母さんに早く会いたいな。)

まずは、「お母さんに会いたい」ということを伝えてあげましょう。「会う=meet」と覚えている人も多いかと思いますが、一度会ったことのある人に再度会う場合は、seeを使います。

I miss you mom.
(お母さんに会えなくて寂しいよ。)

miss~は「~がいなくて寂しく思う」という意味です。大切な人と会えなくなるときに、I will miss you.(あなたがいなくなると寂しくなります。)といった感じで使います。久々の再会をしたときは、動詞を過去形にして、I really missed you.(本当に会いたかったよ。)と言います。

I can’t wait to see you.
(早く会いたいな。)

can’t wait toは直訳すると「するのが待ちきれない」ですが、実際は「早く~したい」「楽しみ」程度のニュアンスです。楽しみにしているイベントを前にして、I can’t wait!(楽しみ!)と言ったりします。I’m looking forward to(を楽しみにしている)のカジュアルバージョンですね。

義母への送るメッセージ

自分のお母さんだけでなく、義理のお母さんにもメッセージを送ってあげましょう。良好な関係を築くことは大切ですよ!

Happy Mother’s Day to the best mother-in-law!
(最高の義母へ。母の日おめでとうございます。)

義理のお母さんは英語でmother-in-lawと言います。

in lawは「義理の」という意味なので、

・義理の父:father-in-law
・義理の姉妹:sister-in-law
・義理の兄弟:brother-in-law
・義理の両親:in-laws

となります。

また、英語では自分の家族でも惜しげもなく褒める文化があるので、best mother-in-law(最高の義母)、my beautiful daughters(私の美しい娘たち)のように言ったりします。

I am so happy to have you as a mother-in-law!
(あなたが私の義理のお母さんで本当に幸せです。)

このメッセージを送ったら、義理のお母さんは喜んでくれると思いますよ。be happy toは「~して嬉しい」という意味です。また、この例文で使われているasは前置詞で、「~として」という意味になります。as a leader of the team(チームのリーダーとして)、as a president of the company(会社の社長として)といったように使います。

まとめ

今回は母の日に使える英語フレーズをご紹介しました。いかがでしたでしょうか。母の日は、お母さんに日ごろの感謝を伝えることができる1年に1回のチャンスです。普段はメッセージなんて送らないという人もぜひこの機会にメールやLINEでもいいので1本送ってみましょう。今回ご紹介したフレーズの中からいくつか選んで、オシャレに英語で感謝の気持ちを伝えてみてください!日本語だと恥ずかしいメッセージも英語ならストレートに伝えることができます。メッセージをもらったら、お母さんはきっと喜んでくれますよ!

Source: English Lab(イングリッシュラボ) ┃ レアジョブ英会話が発信する英語メディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました