英語の格言⑦ ネルソン・マンデラ

今回は、南アフリカ共和国の政治家、ノーベル平和賞受賞者のネルソン・マンデラの格言をご紹介いたします。

It always seems impossible until it’s done.
(何事も成功するまでは不可能に思えるものである)

 

convenientの否定形はinconvenient。possibleの否定形はimpossible. 

何故、possibleの時にはinではなくimが使われるのでしょうか?
それは、pの音の時に両唇を閉じるからなのです。inの後にpの音出そうとすると、自然とmの音になります。

 

また、untilとbyの違いも確認してみましょう。
untilは継続を表し、byは期間を表します。

Source: COM単

コメント

タイトルとURLをコピーしました