「名誉挽回」の意味とは?使い方の例文と類語・英語フレーズも解説

英会話

「名誉挽回」とは、失った信頼を再び取り戻すことを表す時に使われる四字熟語です。普段の生活からビジネスシーンまで幅広い域で使われますが、正しい意味や使い方を把握していますか?

ここでは「名誉挽回」の意味の他、使い方の例文や類語、英語についてご紹介します。「名誉回復」や「汚名返上」など類語についても解説していますので、参考にしてみて下さい。

「名誉挽回」の意味とは?

「名誉挽回」の意味は「傷ついた名誉を取り返すこと」

「名誉挽回」とは「傷ついた名誉を取り返すこと」を意味します。あるきっかけや何らかの間違いによって傷ついてしまった名誉を取り戻すこと、またそれによって失ってしまった信頼や評判などを、元の良い状態に戻すことを意味しています。

過去には優れた評価や名声などがあったものの、ものごとや状態が悪くなってしまい、その名誉をもう一度取り返すことを指しています。

そもそも「名誉」とは、能力や行為、品性や信用などに対して良い評価や評判を得ること、また「挽回」とは、失ったものを取返したり、遅れているものを元の状態まで戻すこと、良好な状態に取り戻すことを意味しています。そして、この二つの言葉を組み合わせたものが「名誉挽回」です。

「名誉挽回」と「名誉回復」はほぼ同じ意味

「名誉挽回」と「名誉回復」は、実際的にはほぼ同じ意味で使われます。

そもそも「名誉回復」の「回復」とは、良い状態から悪い状態になった時に、再び元の良い状態になること、また順調にそのような状態に戻ることを表します。たとえば、「回復」は「経済が回復する」「身体が回復する」というように使います。

また「挽回」は「遅れを挽回する」「根気を挽回する」というように使われます。「名誉挽回」も「名誉回復」も若干、語勢やニュアンスが異なりますますが、ほぼ同じ意味で文章に用いらることがほとんどです。

「名誉挽回」の使い方と例文

「名誉挽回する」はポジティブさを表す時にも使われる

「名誉挽回」は一般的な生活からビジネスシーンに至るまで、幅広く使える表現です。たとえば、故意ではなくとも、人は間違いやミスをしてしまうものです。そして、人との信頼関係において、亀裂が入ったり、損失を生んでしまうことは多々あります。

そのような状況で、再び良好な人間関係を結びたい、また優れた評価を再度もらいたいというポジティブな感情が育った時に、「名誉挽回したい」「名誉挽回しなければならない」と思うこともあるでしょう。

「名誉挽回」とは、過去の過ちや、それによって無くしたものをなげくものではなく、状態が良い方向へ再度上向きになるよう努力し、最終的には元の状態になるように頑張る気持ちを示すときにも好んで使われます。

「名誉挽回」を使った例文

  • 名誉挽回するために、人一倍、仕事に力を入れた。
  • 最後に決めたゴールは、名誉挽回するための決定打となった。
  • 売り上げが落ちたレストランでデザートが雑誌に取り上げられ、名誉挽回を果たした。
  • 名誉挽回したのは、無職の彼が一流企業に再就職を決めた時だ。
  • 今月の売上成績が、名誉挽回の良い機会となることを祈っている。
  • さあ、名誉挽回のチャンスだ。後半戦を多くのファインプレーできめていこう。

「名誉挽回」の類語とは?

「名誉挽回」の類語は「汚名返上」

「名誉挽回」の類語は「汚名返上(おめいへんじょう)」です。「汚名返上」とは「傷ついた名誉や名声、品質や品性などに対し、新たに優れた評価や成績を勝ち取り、過去の悪評を払いのけていくという意味があります。

例文
  • 部長に恥をかかせてしまった。汚名返上するためにも仕事に熱を入れなけるぞ。
  • 汚名返上とまではいかないが、会長に立候補して名声を掲げたい。

「汚名挽回」や「汚名回復」という言い回しも

その他、人によっては「汚名挽回」「汚名回復」などと表現することもあります。どの言い回しが正しいかは賛否両論ありますが、それぞれニュアンスが若干異なり、与える印象も変わってきます。

「汚名返上」の「返上」には「突き返す」「受け取らない」という意味があります。そのため「汚名挽回」や「汚名回復」という言い回しに比べると「好評を主張し悪評をしりぞける」といった強調のニュアンスが生まれてきます。

「名誉挽回」を英語で表現すると?

「名誉挽回」は英語で「redeem one’s honor」

「名誉挽回」を英語で表現すると「redeem one’s honor 」や「redeem one’s name」などになります。

「redeem」は傷ついた名誉や名声を回復する、修復するという意味があり、優れた品性や名前など、過去に優れた評価を得たものを取り返すというニュアンスがあります。

また、汚点やミスなどで自分の名前が傷付いてしまった時には「clear one’s name」というフレーズを使うこともできます。「clear」には「きれいな」「純粋な」という意味の他に「自らの潔白を証明する」「無実や疑いを晴らす」という意味もあります。この場合は後者の意味で用いられています。

「名誉挽回」を使った英語例文

  • 名誉挽回するために、社内の掃除を買って出た。
    I volunteered to clean our compnay building to redeem my honor.
  • この役どころを演じるのは、名誉挽回の絶好のチャンスであった。
    It was the best chance ever for me to redeem my name to play this cast.

まとめ

「名誉挽回」とは「過去に傷付いた名誉や、一度失った信頼や名声などを取り戻すこと、取り返すこと」を意味する四字熟語です。「名誉挽回」と「名誉回復」はほぼ同じ意味になりますが、「名誉回復」は順調に状態がと前の良い状態に戻るといったニュアンスがやや強まるのが特徴となります。

社会人になると「名誉挽回」をしなければならないことも増えてくるでしょう。ミスは誰でもしてしまうものですが「名誉挽回」の機会を見逃さず、良好な状態する努力こそが、大切なのかもしれません。

The post 「名誉挽回」の意味とは?使い方の例文と類語・英語フレーズも解説 first appeared on TRANS.Biz.
Source: TRANS.Biz

コメント

タイトルとURLをコピーしました