「英語が読めるけど話せない」人の対処法

英会話

英語が読めるけど話せない……。受験や学校の授業を通して、ある程度読めるようにはなっても、話すとなるとなぜむずかしいのでしょうか。答えは、意外にもインプットが足りていないからかもしれません。

今回は、英語が読めるだけの人が、話せるようになるまでのロードマップを紹介します。

英語が話せないのはどうして?

結論から言うと、英語が話せないのは話すための訓練をしていないからです。身もふたもない言い方ですが、話す練習をしていなければ、話せるようになるわけがありません。逆に言えば、話す練習をしっかりと積めば、必ず話せるようになります。

英語が話せないのは話すための訓練を受けていないから

「話す訓練が足りない」というのはよく聞く意見です。では、話す訓練とはなんでしょうか。

話すためには、相手のことばを聞き取るリスニング力と語彙力が必要です。その上で、自分のことばを相手に正確に伝える文法と発音が必要です。

こう書いてしまうと、結局は全部勉強しなきゃだめってことなのかな? と感じられるかもしれません。そうです、話せるようになるためには、英語の基礎が一通りできていなければいけません。文法だけ出来ていても、発音や単語の基礎がなければ会話はできないのです。だからこそ、音読で語感を使って練習するのが効果的です。

英語が話せないのは「インプット不足」かも?

言語習得はインプットがとても大切だと言われています。言語習得研究の初期では、「インプットだけで言語はできるようになる。話したり書いたりは必ずしも必要ない」とまでいう学者もいたほどです。たくさんのインプットをした基礎の上で、初めて言語が使えるようになるのです。

多くの方にとって、英語のインプットは足りていません。もし学生時代の授業以外で英語に触れていないなら、英語のインプットは不十分です。短期間でも、徹底的に英語に触れる必要があります。

英語が話せないのは「わかる」で止まっているから?

日本人が英語に触れる場合、「読む・聴く」が多くなりがちではないでしょうか。洋書を読んでみる・海外のニュースを読んでみる・海外ドラマや映画を見てみるなど、手軽にできるのは「読む・聴く」ですよね。

よく使われる英語のテストがTOEIC(基本的にはリーディングとリスニングのみ)なのも手伝って、日本人の英語は受け身になっています。だからこそ、「わかるけどできない」という状況になりがちです。

「英語が話せない人」が「話せる人」になるまでのロードマップ

「話す訓練が足りない」「インプットが足りない」「使える語彙が足りない」、仮に英語が読めるのに話せない人に3つの特徴があるとしたら、どうやって補えるでしょうか? 必要なのは「インプットを積む」→「実践訓練」です。地味ですが、安定して効果が上がります。

英語が「読める」のレベルを上げてみよう

英語が読めるのは立派な武器です。だからこそ、この武器をもっと磨いてみましょう。英語が「読める」のレベルを上げていくのです。

受験英語で鍛えられたタイプの方の場合には、硬い英語を読みこなす訓練ができています。一方で、エンタメや芸能など、受験で扱われにくいトピックは知らないことが多いです。

ドラマや映画から英語に入った方の場合には、自分のジャンルには強くても、硬い文章を読む経験は少ないと思います。自分の守備範囲外のトピックを読むことで、良いインプットを積めるでしょう。

最初に読むサイトは英語版のWikipediaでかまいません。無料で、無限に近いトピックの文章に触れることが出来ます。英語でGoogle検索をして、上から順番に読むのでも大丈夫です。質より量でインプットをしましょう。

英語の音読で口を慣らそう

インプットの時には、できるだけ音読をしましょう。口と文章が結びつくことで、単語を覚えやすくなります。

音読するときには、できるだけ録音をして、あとで聞きなおすとより効果的です。スマートフォンで録音しておけば、自分の声を聴き直して、手軽に復習することが出来ます。

インプットを増やす→口を慣らすの繰り返しで、まずは体を英語に慣らしていきましょう。

自分の得意なトピックに絞って話してみよう

多読と音読で英語力の基礎が出来たら、いよいよ実践訓練に移ります。インプット→アウトプット(インターアクション・対話とも言います)は王道の語学訓練法です。とはいえ、いきなり何でも話すのはむずかしいもの。まずは自分の得意なトピックに絞って成功体験を積みます。

英語が話せない人でも英会話をやる意味がある?

インプットはしていても、会話の経験がない……という方でも、英会話に挑戦する意味があるでしょうか?

意味は間違いなくあります。最初はむずかしくても、経験を積んでいけば確実に英語は上達していきます。適切なインプットが出来ていれば、英語の下地はある状態になっています。後は「出し方」を学ぶだけ。そのためには話してみるのが一番効果的なのです。

英語が話せなくても恥ずかしがらなくていい

話せないのに英会話をするのは恥ずかしいという方とたくさんお会いしました。気持ちはわかりますが、いざという時に英語が口から出てこない時はもっと恥ずかしい気持ちになります。

英語の先生はプロですから、話せない生徒はたくさん担当したことがあります。恥ずかしがる必要はありません。本番で英語が話せなかったら、相手は優しく対応してくれるでしょうか。

失敗できる相手と会話して、失敗慣れするのがとても大切だと筆者は考えています。

英会話の意味は「苦手意識をなくす」「アウトプットの機会を作る」

筆者はもともと英語が全く話せず、21歳の時にやっと英会話を始めました。初めて英会話を体験したときは、「elementary(小学生レベル)」と言われ、ずいぶん恥ずかしかったのを覚えています。それでも、何度か続けるうちに会話を続けられるようになり、三カ月ほどで社会問題のような硬いトピックについて話せるようになりました。今では誰とでも英語で議論できるようになりましたが、それも最初の成功体験があってこそだと思っています。

英会話をする意味は、英語に対する「苦手意識をなくす」、「アウトプットの機会を作る」です。一度も会話の経験がなければ、一生苦手意識を引きずります。恥ずかしがらずに一度挑戦してみると、後が本当に楽になります。

まとめ

英語が読めるのに話せない原因は、「インプットの不足」「経験の不足」に分けられると筆者は考えています。英語が読める時点で、基礎的な文法と単語はできているはず。音読でインプットを積みつつ、英会話などで実戦経験を積めば、話せるようになるまではあと少しです。

的確なトレーニングで、最短で英語が話せるようになりましょう!

Source: English Lab(イングリッシュラボ) ┃ レアジョブ英会話が発信する英語メディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました