「懺悔」の意味とは?キリスト教と仏教での解釈・類語とやり方

英会話

「懺悔」と聞くとキリスト教を思い出される方も多いはず。でもキリスト教では「懺悔」という言葉は使わないことをご存知ですか。この記事では「懺悔」の一般的な意味からキリスト教と仏教での「懺悔」の意味のほかに、「懺悔」の類語や「反省」との違いや宗教別の懺悔のやり方なども解説します。

「懺悔」の意味とは?

「懺悔」とは自分の犯した罪や過ちを悔い改めること

「懺悔(ざんげ)」とは、自分の犯した罪や過ちを告白して、悔い改めることという意味です。「懺悔」はもともと仏教用語でしたが、ほかの宗教での懺悔を意味する似た儀式があり、そうした儀式にも「懺悔」という言葉が使われるようになります。さらに「懺悔」は、宗教とは関係のないところで自分の罪などを告白するという意味の言葉として使われるようになりました。

「懺悔」が成り立っている漢字ですが、「懺」はサンスクリット語のksamaが由来していて罪を反省して告白することの意味で、「悔」は犯した罪を反省することという意味の漢字です。

一般的には人に言いづらい罪の告白で使われる

一般的に「懺悔」が使われるときは、自分の犯した罪や過ちのなかでも、人には打ち明けにくい事柄を告白するときに用いられます。自分の犯した罪がそれほど重要ではないと思われるときに「懺悔」を使うと、大げさに聞こえるでしょう。

「懺悔する」など「懺悔」を使った例文

  • みんなの前で懺悔する。
  • 彼女を怒らせてしまった。僕のしてしまったことを懺悔して許してもらおう。
  • 懺悔したいと言って、その犯罪者は初めて被害者との面会を受け入れた。

キリスト教と仏教における「懺悔」の意味とは?

キリスト教では「告解」と言い、神に許しを請う

「懺悔」を意味する儀式は、キリスト教の中でもカトリック派で行われていて、自分の犯した罪を告白して神に赦し(ゆるし)を求めます。

この罪を告白し赦しを請う儀式のことは「告解」や「告白」、または「悔悛(かいしゅん)」とも呼ばれますが、「懺悔」とは言いません。カトリック派の人には「懺悔」と言って通じないわけではありませんが、「告解」のような別の表現に訂正されるでしょう。

仏教では「さんげ」と読み、仏や人に許してもらう

仏教での「懺悔」とは、自分の罪や過ちを告白して仏や人に許してもらうことを意味します。気を付けるべきことは、仏教で「懺悔」は「さんげ」と読むことです。「ざんげ」とは読まないので注意しましょう。

「懺悔」の類語と「反省」との違いとは?

「告解」とはキリスト教の懺悔のこと

「告解(こっかい)」とはキリスト教で行われる懺悔を意味する宗教的儀式のことを指します。「告解」はカトリックや東方正教会で行われていますが、同じキリスト教でもプロテスタントでは儀式として告解は行われていません。

「悔悛」とは犯した罪を悔い改めること

「悔悛(かいしゅん)」とは犯した罪を悔い改めることという意味です。「悔悛」は「告解」とは違い一般的な言葉なので、宗教とは関係なく犯した罪を悔い改めるということを言い表したいときに使える言葉です。

「反省」とは自分のしたことを考え直すこと

「反省」とは自分のしてきたことを考えてみて、よかったのか悪かったのかなど考えることという意味です。自分のしてきたことが悪かったと思えるのなら、改めようと考えるという意味もあります。

「懺悔」と「反省」の違いは、「反省」は自分の行いについて考えることという意味ですが、「懺悔」は自分の行いは悪いことだったと自覚しているところから始まり悔い改めることが主な意味です。「反省」にも「行ったことが悪いと思えるのなら改める」という意味合いが含まれていますが、厳密に言うと「改めることを考える」という意味なので「懺悔」とは違います。

【宗教別】「懺悔」のやり方

【キリスト教】懺悔は神の代わりである司祭に罪を告白する

キリスト教で行われる「懺悔」(正しくは「告解」)とは、神様に代わった司祭にキリスト教の信者が罪の告白をすることです。告解室や告解部屋と呼ばれる小さな部屋のひとつに司祭が、その隣の部屋に信者が入り、二つの部屋の仕切りにある格子の付いた小さな窓を通して信者が罪の告白をします。

罪の告白を聞いた神父は神様と取り次ぎ、神の許しを得ます。罪を赦すのは、神父ではなく神様だという点が重要です。

【仏教】懺悔文を唱えて懺悔する

仏教で宗派を超えて行われている懺悔(さんげ)のやり方に、懺悔文(さんげもん)を使う方法があります。懺悔文とは、自分の犯した罪や過ちを仏さまに対して悔い改める言葉で、懺悔文を唱えたり写経したりして懺悔します。

「懺悔文」全文

我昔所造諸悪行(がしゃくしょぞうしょあくごう)

皆由無始貪瞋癡(かいゆうむしとんじんち)

従身口意之所生(じゅうしんくいししょしょう)

一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいさんげ)

懺悔文の意味は、次の通りです。

「私は昔からたくさんの悪いことをしてきました」
「そのすべてが、いつとはなしに欲望、怒り、愚かさによって」
「悪い行いをして、悪いことを口にして、迷いの想いが生じ、積み重なった悪です」
「それら全てのことを今、懺悔します」

「懺悔」の英語表現

「懺悔」とは英語で「confession」

「懺悔」の英語表現は「confession」です。「confession」には、罪を認めて告白することという意味もありますが、キリスト教における「懺悔」すなわち「告解」という意味もあります。

「懺悔する」は「to make confession」か、confessionの動詞形である「confess」を使います。

「懺悔」の英語表現例

  • “She made a confession what she did.”
    「彼女は自分のしたことを懺悔した」
  • “I confess my guilt.”
    「私の罪を懺悔する」

まとめ

「懺悔」とは自分の犯した罪や過ちを告白して悔い改めることという意味の言葉です。キリスト教の「懺悔」が知られていますが、キリスト教では「懺悔」ではなく「告解」などの別の言葉が使われています。また仏教では「ざんげ」ではなく「さんげ」と読み、罪を告白して仏に許してもらうという行いがあります。

The post 「懺悔」の意味とは?キリスト教と仏教での解釈・類語とやり方 first appeared on TRANS.Biz.
Source: TRANS.Biz

コメント

タイトルとURLをコピーしました